こんばんは(^ν^)
しのぶです。
CNNでこんなニュースがありました。
引用いたします。

(CNN) 米国で販売された老舗メーカーの高級ドッグフードに、
動物の安楽死に使われる薬品が混入していたことが分かり、
米国のメーカー「エバンジャーズ」は8日までにリコールを発表した。

4匹のパグ犬を飼っていた女性は昨年の大晦日(おおみそか)の夜、
ごちそうとして缶入りのドッグフードを食べさせた。
ところが4匹とも急に具合が悪くなり、1匹は未明に死んだ。

4匹が食べたのは、米国のメーカー「エバンジャーズ」のベストセラー商品
「Hunk of Beef Au Jus」というドッグフードだった。

エバンジャーズは即座に調査を開始し、1カ月かけて調べた結果、
動物を安楽死させる際の麻酔薬として使われるペントバルビタールが混入してい
たことが判明。
その週に製造されたHunk of Beefシリーズ製品すべてを対象に、
ワシントン、カリフォルニア、ニューヨークなど米15州でリコールを発表した。

82年にわたってペットフードを製造してきた同社にとって、
リコールは今回が初めてだった。

ペントバルビタールは厳格な規制対象の薬品で、
動物を安楽死させる場合は獣医師が投与する。

しかしペントバルビタールを使って安楽死させた動物であることを明記する義務
はなく、
そうした動物が食品供給網に入り込むことを防止できない可能性がある。

エバンジャーズは「同物質が原料に混入した経緯については調査を続ける」と述べ、
問題の牛肉の供給業者とは、40年来の契約を打ち切ったと説明した。
この業者が供給した牛肉は、米農務省の施設で処理されたものだったという。

とっても怖いニュースです。
私もわんちゃんのごはんを作っているので
お客様の子になにかあったら、どうしたらいいのか
考えても考えてもわからず、この問題はいつも心にあります。

今回のニュースは、「安楽死をさせた動物をドックフードに使用したので、
その薬剤がお肉に残っていて、食べたわんちゃんも死んでしまった」
ということのようです。

安価すぎるフードならわかりますが、「高級」というのもゾッとしました。
「高い」=「安全」ではないということです。
私は怖くなって、ふわパパに
「わんわんごはんのお肉も信頼して購入してても同じこと起こる可能性あるの!?」
と聞いてみたら、
「あんまり言いたくないけど、人間用のお肉は気絶させたあとに失血死させたも
のだから薬剤とかで殺したお肉をわんわんごはんで使うことはない」
と言っていました。
だから、このようなお肉を使う可能性はありません。

そういえば、私がわんわんごはんを始める時に手作りごはんとか
ドックフードを勉強していたときに、
アメリカの動物学者さんが書いた本に
「ドックフードへのお肉の規制はほとんどないから、
病死した肉、事故死した肉などなんでも使っている。
また人間が食べない臓器、毛や骨や皮、または腐敗したものなどもすべて動物用に
回ってくる。」
と書いてありました。
どんな病気で死んでもドックフードになるの?
と思ってすごく怖くなった記憶が 蘇ります。

たびたびこういう事件が起きますよね。
人間のごはんだって食中毒があったり、偽装事件があったりするので
ドックフードだけの問題ではないとは思うのですが・・・
私が信頼できる原産国ではない食材は使わないのも、
「自分たちが食べないものはどうでもいいや」
って考えている人がいるような気がするからです。
だって日本人のことが嫌いな人たちだったら、
日本向けの食材にきちんと配慮するのか不安なのです。
ほとんどの人がそんなことがなくても、一人でもそういう気持ちの人がいたら、
いつかなにかがおこってしまうな気がします。

わんわんごはんの食材はすべて私がチェックしているので、
変なものは使うことはありません!
そして、念のためにお客様のもとへお届けする前に
1食分多めに作ったごはんをふわ丸とむくの助に食べてもらっています。
しかしこれからも、過信しすぎず気を引き締めてごはん作り致します(o^^o)

私は元々なんでも不安に思い簡単に信用しないという面倒な性格なので
疲れることは多いですが、この仕事には向いているなと。。。(笑)

それでは…また☆
今日も大切なわんちゃん達が元気いっぱいていられるようにごはん作り頑張るぞー\(//∇//)\

しのぶ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930