手作り犬ごはんreview024

わんちゃんのお名前 福ちゃん

ご購入された商品名

手作り犬ごはん 「タンパク質少なめ、低脂質ごはん、おなかの弱い子」

1 福と出会ったきっかけは?

ワンコの中でも柴犬さんが大好きで家族になるなら「豆柴さんの女の子」と
決めていてブリーダーさんの所へ見学に行っていました。
ですが、なかなか「この子!」という子が見つからず・・・。
ペットショップでポメラニアンを初めて見てコロコロとした可愛さに惹かれるようになり、
ショップに行くたびにポメラニアンを探すようになりました。
あるショップに母からポメラニアンの女の子がいたよと教えてもらい、その子にしようか迷っていた時、
店員さんから「ポメラニアンはこちらにもいますよ」と言われて出会ったのが福でした。
初めてのワンコは「和犬で女の子」ではなく「洋犬で男の子」という全く真逆のワンコになりました(笑)

↓うちに来たばかりの頃です。涙やけが酷い頃。

0613a

2 福と名付けた理由は?

福は最初、生まれた場所から遠い県のショップに来たそうです。
一か月後、そのお店が閉店してしまい、別の県のショップへ。
その一か月後、お店の改装のために移動することに・・・。
そして私と出会ったお店にやって来たそうです。
生まれてからすぐに、一ヶ月おきに転々としていたからか、他の子と違って子犬らしい表情ではなく、
とても悲しげな寂しそうな感じでケージの中でもずっと背中を見せてました。
ちょうどポメラニアン特有のサル期でもあったので余計に悲しそうなお顔に見えたのかもしれません(^^;

家族として迎える日まで何度か会いに行ったのですが、ずっと寂しそうな表情で・・・。

「笑う門には 福来る」

生まれてすぐに寂しい思いをしてきたこの子がこれから笑顔で過ごせますように、
この子にとって幸福な一生を送れますように、と願いを込めて「福」と名付けました。

↓福スマイル♪

0613b

3 福の可愛い(面白い)お話

好奇心旺盛で超食いしん坊な福。
散歩デビューの日に石ころや葉っぱを食べてしまった前科(?)があります。
他にも鶏の骨、お菓子など、飼い主が注意して地面を見ていても福の方が地面に近いので
気づいた時にはもう遅く・・・ということが度々ありました(汗)
ある日、福の大好きな遊び「ボール投げ」をして帰る時にボールを口から外さずに家まで歩いたことがあり、
それからお散歩の時はボールを咥えて歩くことが習慣になりました(^^;

また、皮膚炎になりやすいために一年中サマーカットをしていて、
尻尾がクルンと巻き尾さんなのでよく「白色の豆柴さん」「柴犬さんの子犬」に間違われます(笑)
(母が言うには私が柴犬さん好きなので念が入ってるらしいです(怖)

「珍しい白の柴犬さん」に見えるうえに「ボールを咥えて歩く」という姿が目立つらしく、
すれ違う方からよく声を掛けられたり、笑われたりしています(汗)
中には車を止めて窓を開けて聞かれたことも・・・そしてポメラニアンと言っても信じてもらえないこともありました(^^;
最近では、福が不思議だったのか福を見ながら歩いている方が電柱にぶつかってしまうこともあったので、
福のお散歩は出来るだけ人や車が通らない時間帯や田んぼの真ん中などを歩くようにしています(笑)

↓「ボールちょうだい♪」と言うとアザラシ顔で抵抗します(笑)

0613c

↓新しいボール。福にとっては大事な相棒さんです♪

0613d

4 わんわんごはんにしようと思ったきっかけは?理由は?

わんわんごはんさんに辿り着くまで経緯が長いので申し訳ないのですが(>_<)

2013.4月(1歳)
痒みを伴う発疹がお腹、前脇などに出て食物アレルギーと診断されました。
ステロイドを処方され、病院指定の食物アレルギー用のフードを食べてましたが、
悪化する一方でステロイドを増やされることに。
さらに悪化したため、病院を変えて診断してもらった結果、
マラセチア皮膚炎も併発していることがわかりました。
ステロイドの増量により、マラセチア皮膚炎が悪化している状態でした。
この頃からアレルギー体質が強くなり、
食べ物だけではなく、芝生や草、ゴム製のおもちゃなどいろんな物に反応するようになりました。

また、この時期から「肛門腺炎」を度々起こすように・・・。

「食物アレルギー」がきっかけで「マラセチア皮膚炎」「肛門腺炎」を
繰り返すようになり、フードジプシーになりました。
このフードは合うかなと思っても、
食べ始めて2ヶ月くらい経つとアレルギー症状が出始める感じで。

だんだんアレルギーによる肛門腺炎が酷くなって再発を繰り返すために
「両側肛門腺摘出手術」をすることになりました。
その後、体重減少が続き、
吸収不良性症候群である「抗生剤反応性腸症」を発症しました。
抗生剤を使わないとごはんを吸収することができない病気です。
先生からはこの先ずっと抗生剤が必要になり、
いずれは免疫抑制剤も使うことになるかもと言われました。
また、手術した肛門腺も片側が復活してしまい、
肛門腺炎が再び繰り返すように・・・。(今では両側とも復活してしまいました)

↓手術をして退院した日。数日後、傷口の治りが悪く再入院しました。

0613e

↓疲れやすく、お散歩中にも度々座り込んでしまっていました。

0613f

数えきれないくらいフードも試してきて、合うフードが見つからず、
消化吸収が悪いため、体重も減っていき、
もうお薬がないとごはんを食べることができないのかなと思いましたが、
私自身薬の副作用で怖さを知っていたので福を薬漬けにはしたくないと思っていました。

手作り食が安心安全だとわかっていましたが、食事について一から勉強しようと思い、
ホリスティックケア・カウンセラーを受講したりしました。
そこで福の原因になっているものがフードに含まれている合成添加物だということに気付き、
手作り食の良さを改めて知ることになりました。

その時にいろいろ調べていて「わんわんごはん」さんに辿り着きました。
ただ、その当時は福は「米」に対して一番アレルギーが強く反応していて、
また、野菜なども上手く消化ができなかったので悩んだ末、
福に合わせて作ってくださるオーダーメイドのお店にドライフードをお願いしました。

そのフードで酷いアレルギー症状は落ち着き始めていたのですが、体重はあまり増加せず・・・。
でも、今までよりも落ち着いていたので様子を見ながら過ごしていました。
しかし、去年の春頃、狂犬病予防ワクチンで今までにないアレルギー反応を起こして
体調が一気に悪くなりました。(その前の年に混合ワクチンでもアレルギーを起こしていました)

その時食べていたドライフードも急に合わなくなり、
どうしたらいいのかわからなくなった時に「わんわんごはん」さんのことを思い出しました。

しのぶさんが親身になって相談にのってくださったことに心から感謝しています。

5 わんわんごはんを食べてみて変わったことや効果はでましたか?

アレルギーやお腹が弱いこともあり、
ドライフードの時は20日間くらいかけてフード切り替えを慎重にしていました。
おじやごはんへの切り替えは、いきなり夜一食分を替えたのですが
お腹を壊すどころかアレルギーも出なかったことには驚きました。
初めておじやごはんを食べた時、「こんなに美味しいもの、初めて食べました!」と
伝わってくるお目目まるまるのとっても良い笑顔は今でも覚えています。

おじやごはんに替えて一年が過ぎましたが、この一年ごはんによってお腹を壊すことは一切なく、
お薬なしでも消化吸収ができるようになり、体重も増えてきました!
また、ショップにいた頃から涙やけが酷く、オーダーメイドのフードに替えて少しずつはキレイになっていましたが、
おじやごはんにしてからは涙やけのことを忘れるくらいとてもキレイになり、
散歩をしていても他の方から目元がキレイですねと言われるようになりました。
毛質もバサバサで毛色もクリームと白がバラバラに混じった感じでしたが
今ではずっと触っていたいほどに柔らかい毛質に変わり、毛色もキレイなクリーム色になりました。

一昨年から「甲状腺機能低下症」を疑われて毎年検査をしているのですが
去年は基準値を下回っていて良くない結果でした。
また、去年から平熱も下がり、37℃台になってしまい、夏でも寒がりになっていたのですが、
先日の検査では甲状腺ホルモンが基準値内に戻り、平熱も38℃台に上がっていました。

今年3月にフロントラインでアレルギー反応をおこし、マラセチア皮膚炎を発症してしまい、
一ヶ月間抗真菌薬を服用しました。いつもなら肝臓に影響が出てしまうのですが、
検査結果は今までの中で一番良い結果で驚きました。
また、貧血気味だったのも改善されていました。

そして、福がショップにいた頃からの一番の問題が食糞でした。
しつけの先生に相談しても「食いしん坊は直らない」と言われ
病院の先生に相談すると食糞防止サプリを勧められてアレルギーが悪化する・・・という悪循環に。
食事を替えても直ることなく、食いしん坊だから仕方ないのかなと諦めていました。
ですが、わんわんごはんに替えてからは嘘のように食糞はしなくなり、
それどころか、うんちが出たことを教えてくれてるようになりました。
奇跡です(笑)
食いしん坊だからではなく、
フードがきちんと消化されてなかったことが原因だったのではないのかなと思います。
食いしん坊だから仕方ないと思っていたことが申し訳ないです。

わんわんごはんを食べるようになって、一番変わったことは目力です。
目に生きる力を感じるようになりました。
一年前までお散歩したい気持ちはあるけど体力がついていかず、
途中で座り込んでしまうことがよくありましたが、今では途中で抱っこしよっか?と声を掛けても、
最後までリードを引っ張り楽しそうにお散歩できるようになりました。

そして、一時はほとんど食べるものがないと言われるほど、
いろんな食材に対してアレルギー反応がありましたが、
今ではたくさんの食材を食べることができるようになりました。
一番酷かった白米も問題なく食べることができ、お肉も少しずつ増やしてもらい、
タンパク質もちゃんと摂れるようになりました。

芝生に入ると真っ赤になっていたのも改善されて、
芝生の上でボール遊びができるようになったことも驚きです。
(今はノミマダニ駆除薬が使えないために避けていますが)

わんわんごはんさんに出会う前まではアレルギーのためにフード以外は食べることなく、
おやつはありませんでした。
ですが、しのぶさんが作ってくださるおやつは安心安全で何も問題なく食べることができています。

ワクチンやフィラリア予防薬、ノミマダニ駆除薬などお薬に対してのアレルギー反応はありますが、
それはおじやごはんで体の中がキレイになったことで異物に対しての反応であり、
わんわんごはんさんが安心安全だという証だと思っています。

わんわんごはんさんに出会ってから良いことしかありませんが、もともと超食いしん坊だったのが、
さらに超超食いしん坊になり、ごはんの時間が嬉し過ぎて、
ごはん前の大興奮超高速回転がパワーアップしたことだけが悩みです(笑)

何よりも福に笑顔が戻ったことが一番嬉しいです。
今が本来の福の姿なのかなと感じています。

↓福を通して「食べることは 生きること」の大切さを教えてもらいました。

0613g

↓クリスマス生まれの福。去年は初めてのクリスマスケーキでお祝いしました♪

0613h

6 その他 しのぶさんへの要望や感想

福の体調が悪く、飼い主としても一番苦しかった時にお話を聞いてくださり、
寄り添って一緒に考えてくださったことがとても嬉しかったです。
他のお店では、ごはんを作ってくださる方と直接お話することは難しいですが、
わんわんごはんさんはしのぶさんとお話することができ、福のアレルギーや体調を相談しながら作ってくださることができ、
また、しのぶさんの温かいお人柄がメールやお手紙から伝わり、安心してお任せできています。

”たられば”になってしまいますが、福がうちの子になった時からしのぶさんのごはんを食べさせていれば、
福に辛い思い、痛い思いをさせなくて良かったのにと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

福がこんなに変わったことは、しのぶさんが選んでくれる食材の力だけでなく、
心を込めて作ってくださる愛情が入っていることが一番大きな力だと感じています。

ごはんだけでなく、いつもたくさんのおやつもお願いして申し訳ありません。
お忙しい中、快く応じてくださるしのぶさんには感謝しています。
ですが、ご無理な時は遠慮なく仰ってくださいね。

しのぶさんには伝えたい気持ちがいっぱいで上手く言葉にできませんが心から感謝しています。
しのぶさんは福にとっても私にとっても、大きな支えとなっている心強い存在です。
毎日、本当に大変だと思いますがお体には気をつけてくださいね(*^^*)

☆大好きなしのぶさんへ☆
しのぶさん♡
いつも美味しいごはんとおやつを作ってくれてありがとう♡
しのぶさんのおかげで元気になって毎日楽しく過ごせてます♪
これからもずっとずっとしのぶさんの作ってくれるごはんとおやつを食べたいです♪
こんなに元気にしてくれて本当にありがとう♡

福より♡

0613i

↓体調が良くなってからはニコニコ笑顔が増えました♪

0613j

これからも福共々、末永~く宜しくお願いいたします♡

pencilbar

福ちゃんママからお問い合わせがあったとき、
私は車の中でお留守番をしていて、
ふわ丸とむくの助と一緒にうとうとしていたときでした。
お問い合わせの内容を見た瞬間に目が覚めて、
早くごはん作って治してあげないと!!
と強く思った事を今でも覚えています(^ ^)

わんわんごはんを食べる前は
オーダーメイドのドライフードに切り替えたあとで
だいぶ症状は収まっていましたが、
詳しくママさんからお話をきくうちに、
まだまだ安心できる状況ではなく、
けっこうむずかしいかもしれないと思いました。

使う食材、使わない食材のお話をして、
脂質やタンパク質などの栄養素の量のお話もして、
最初からちょっと特殊なごはん作りがスタートしました。

そのあとは結構短期間でごはんの効果が出て、
福ちゃんの体調もどんどんよくなって、
嬉しかったのをよく覚えています。
でも安心したと思うと、また体調を崩してしまうときがあり、
そのたびにママさんにたくさん症状を説明してもらいました。
ママさんの今までの経験や獣医さんのお話などを聞いて、どうやら予防接種や、
おくすりを飲んだあとに体調が崩れるんじゃないかと。。。

わんわんごはんの他のお客様も、
同じように注射やお薬の後に体調を崩したり、
涙やけがひどくなったりしていました。
そんな経過をたどり、福ちゃんのためにしていたことですが、
やらない方が安全なのではという事になりなりました。
福ちゃんのおかげで毎年の予防接種やノミダニの予防薬などが、
大きく体の負担になっていることを再確認できました。

虫を予防するお薬は、飲まないとそれはそれで良くないこともあって、
例えば芝生で遊べないとか福ちゃんにとってもかわいそうなこともあるのですが
でもやっぱり健康で生きていることのほうが大切です!

予防接種やお薬も、ごはんと同じように「合う、合わない」があります。
全然大丈夫な子もいれば、そのせいで体調を崩してしまう子もいます。
もちろん副作用を心配しても、やらなきゃいけないこともありますが、
今の日本の状態はちょっと過剰だなぁと思うことも多いです。
獣医さんによっても、いろいろと考え方があるようで、
たくさん打つ病院もあれば、打たない病院もあって様々です。
どれが正しいのかはむずかしい判断ではありますが、
一つの意見を盲目的に信じるよりは、
いろいろな意見を参考にするのが大切だなと思います☆
食べ物もそうですよね!

ちょっと話が脱線してしまいましたが、福ちゃんのおかげで
私も勉強になることが多くて、こうやってママさんといろいろと話せることが
私にとってもとっても大切なことです。
少しずつ福ちゃんの体のことがわかり、
食材のバランスや種類も少しずつ変えていき、
どんどん食べられる食材が増えていきました(*^^*)
福ちゃんのキラキラ笑顔も増えていきました♪
こんなにうれしいことはないです!
「笑う門には 福来る」
本当にそうですよね!
名前はとっても大事です。福ちゃんは福を運んでくれます!
写真を見ていて「福ちゃん」って名前ぴったりだなぁと
いつも思います♪
そして福ちゃんを見ていて電信柱に激突するお話ちょー面白いです(笑)
ふわパパも読んでいて声出して爆笑していました(笑)

いろいろなところを転々として寂しそうな顔をしていた福ちゃんですが
ママさんのおうちにこれてとっても幸せです。
他のうちに行ってたら、
きっとこんなに食べ物について考えてくれなかっただろうし、
そしたらこんなにニコニコ笑顔になれなかったと思います。
福ちゃんも嬉しいし、ママさんも嬉しいし、私も嬉しいし
みんなハッピーですね♪( ´θ`)ノ

福ちゃん、こちらこそ毎日美味しく食べてくれてありがとう(^ν^)
福ちゃんが元気に過ごせることが私にとっても一番嬉しいことだから、
これからも心を込めてご飯やおやつ作るね♪♪

ママさん、こんなにたくさん心のこもったレビューを
書いていただきありがとうございます!
優しいお言葉やお気持ちに、感動して涙がでました。
至らないことを多い私ですが、
今後も一緒に福ちゃんの為にできることをしていけたら幸いです♪♪

This article is written by しのぶ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

2018年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30