自転車屋さん

| お店から | | コメントはまだありません

こんばんは。ふわパパです。
書こうか悩んだ話を書きます!

昔、ホームセンターで7.000円くらいの安い自転車を買ったら、
月に3回くらいパンクになり、
パンク修理だけでどんどんお金が出て行きました。
そしてすぐ自転車もボロボロになり、
警察に会うたびに毎回毎回止められて
「その自転車自分の?登録確認させてー」とか言われて散々な目に
あったので、次はいい自転車を買おうと決めました。

何度もパンクになり、そして何度も空気を入れることに
嫌気がさしていたので、次はパンクをしない自転車が欲しい!
と思い、候補に上がったのがブリジストンのサブナードスポーツと
いうものでした。
これは上位機種にエアハブという機械がついていて、
自転車を漕ぎ回転する力でタイヤに自動的に空気が入り、
常に最適な空気圧を保つというものです。

早速、エアハブを搭載したサブナードスポーツという自転車を求めて
街のいろいろな自転車屋さんに話を聞きに行ったのです。
大きいチェーン店、いろいろなタイプの自転車がおいてあるオシャレなお店、
スポーツタイプの自転車がたくさん並んでいるキレイなお店。
でも、みんな口を揃えていうのが
「そんないいものじゃないよー」
「パンクしたらエアハブめんどくさいから別料金だよー」
というもの。
しかも一つのお店なんて、なんでエアハブよくないですか?と
聞くと「あぁ・・・えーと・・・実は俺エアハブ触ったことないから
よくわからないんだよね」
という答えが。
こりゃダメだと思い、どうすっかなぁと思っていたところ、
そーいえば近くにいつも混んでいる自転車屋さんあったなぁと思い出し、
そこに行きました。

外観は普通の昔からある小さな街の自転車屋さん。
「昔ながらの自転車さんにエアハブのことわかるかなー」と思いながら
お店に入り、自転車のオイルが体中についたちょっとイケメンな店員さんに
「エアハブの自転車欲しいんですけど・・・」と聞くと
「エアハブ!どの自転車につけたいんですか?」
という「ん?」という違和感のある答えが即座に返ってきたのです。
自分はブリジストンやその他の自転車のカタログを熟読していたので
(どの自転車って・・・エアハブ搭載してんの1機種しかないんじゃ・・・)と
思ってその旨を聞いてみると
「いや僕が工場から取り寄せて組み立てるのでどの自転車にもつけられますよ!」
という想像を超えた凄い答えが帰ってきたのです。

そのあとエアハブのこと、自転車のこと、パンクのこと、
いろいろに質問をしたのですが全て瞬時に答えをくれるお兄さん。
さらに
「パンク別料金って言われたんですか?うーん・・・
うちは別料金とかないですし、それにエアハブだったら
毎日乗ってくれていれば常に最適の空気圧なので
ほぼパンクなんてしないと思いますよ」
とのこと。

そのあとしのぶに「すごい自転車屋さん見つけた!!本物のプロ!!しかもイケ
メン!!」
と大興奮で話したのを覚えています。

そしてそのお店でエアハブの自転車を購入して、
7年くらい立ちますが、パンクしたのは釘を踏んでしまった一回のみ。
タイヤ交換やメンテナンスで何度もそのお店にいっていますが
毎回感激するプロの仕事をしてくれるとても信頼しているお店なのです。

そしてつい先日、しのぶの自転車もついにガタがきてしまったので、
あそこの自転車屋さんに行こう!ということで
行ってきたのです。
しのぶは皆様も知っているように超優柔不断。決断力ゼロ。
しかも欲しい自転車がどういうものかよくわからない状態。
なのに、お兄さんからいくつか質問されて答えていくうちに
「軽い」「ふわ丸を乗せるしっかりした前カゴ」「かわいい自転車」
「日本製」
が希望だとわかると、いろいろなカタログを
持ってきてくれて、すぐに候補が三機種くらいに絞られました。
こんなに早く候補が決まるなんてと驚愕しました。

そして後日、この子を乗せるんですといって
ふわ丸とむくの助も自転車屋さんに連れてきました。
「あーけっこう大きい子だからカゴ交換たほうが安定するかも!」
とまたまた素敵な答えが。
一つの方向性がダメでも、すぐに次の方向性を持ってきてくれるのって
すごいと思うんです。
ただメーカーから送られてくるものを組み立てるだけとは違う
本物の職人さんだと思うんです。

自転車屋さんは最初にいったときはお父さんとお兄さんでやっていて、
お父さんが亡くなった後は、お兄さんとお姉さんの二人でやっていました。
一度「奥さん?」ときくと「いえいえ姉です(笑)」とのこと。

そのお姉さんもすごく優しくて、いつもニコニコと笑顔が素敵な美人さん。
ふわ丸とむくの助をつれていったときも、
最初は外で待っていたら
「かわいいねー」とそばにきてくれて、二人を撫でてくれました。
そのあとお兄さんに店内に呼ばれたので、
ふわむくを預かってしのぶだけ行かせようとしたら
「わんちゃんも店内に一緒にどーぞ」とお姉さん。
「いいんですか?外で待っていても大丈夫ですよー」というと
「だってうちにもわんちゃんいるものー」といって奥から
かわいいダックスちゃんを連れてきて見せてくれました。
そしてみんなでわんちゃんの話で盛り上がりました。

この自転車屋さんは知識も技術あって、それでいて優しい二人が
やっていて、本当に本当に素晴らしいお店なのです。
「日本一の自転車さんだよねー。」
とか
「わんわんごはんもあの自転車屋さんみたいにさーこうしたらいいんじゃない?」
という話をよくしていたのです。
そして「お姉さんも優しかったしすごい二人だねー♪」と話していました。

それなのに先日、赤信号で止まっていた車を無理やり追い越して
交差点に猛スピードで侵入した車が、走っていた車とぶつかり、
そのままその自転車屋さんにつっこみました。
そしてお兄さんは怪我ですんだのですが、お姉さんが亡くなってしまいました。

お通夜の時間が知りたくて自転車屋さんの前にいくと、
今まで他ではみたことのないくらいのたくさんのお花がありました。
それだけ、みんなに愛されていた方なのです。

信号無視だけでもわけわからないのに
赤信号で止まっている車を追い越してまで信号無視するなんて
ありえないです。許せない。

今でもダックスちゃんを抱いてふわむくに見せてくれた
お姉さんの優しい笑顔が忘れられません。
本当になんでこんなことになっちゃったのかなぁ
あんな素敵な二人になんでこんなことするのかなーって。

しのぶもお姉さん大好きだったから
知ってから何度も何度も泣いています。
ダックスちゃんの事も心配だと毎日のように口にしています。

もうどうしたってどうしょうもない話だし、
どう終わっていいかわからないけど、
素敵な人が失われてしまったことを書こうって思いました。

ここからはしのぶが書きます。

ふわパパが書いたブログの下書きをみて、また涙が出てしまいました。
毎日、今頃お兄さんはどうしてるかな?大丈夫かな。
お姉さん天国でダックスちゃんのこと心配しているかな。。。
と1人になると考えて胸が締め付けられます。
ただ1人の人間が信号無視をしたせいで自転車屋さんの人生が狂い、
多くの人が悲しさに包まれてしまいました。
本当に悔しいです。
大好きな人がいなくなることがこんなに悲しく、
無力感に包まれるなんて。
生きているだけで十分幸せなんだと改めて感じました。
自転車屋さんに行くと、元気ももらえたし、
仕事への情熱とか、アイディアとか真剣さとか
いろいろなことを勉強させてもらいました。
うちの母も新しい自転車欲しいっていっていたので、
またお姉さんに会ってたくさんお話したかったです。
本当に残念で悲しいです。
神様なんていないと思いました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31